「年6世代」 

 

 

「年6世代」は様々なノウハウの蓄積により

 

実現されています。

 

 

生産技術と販売技術を効果的に組み合わせて

 

常にバランスを取り続けなければなりません。

 

 

 

 

当庵はこれから生産設備を徐々に拡張していきますが、

 

安易にスペースを広げるだけではバランスが崩れて

 

生産性(一人当たりの生産量)は上がらず、

 

広げたスペースに合わせて人手を増やすことで

 

全体の生産量が多少上がってもメダカの質は下がり、

 

品種改良も結果が出にくくなるでしょう。

 

 

 

 

「年6世代」の技術力を維持・向上させながら

 

生産性を上げる形で生産設備を拡張する方法を

 

思案しています。

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080-3705-5320