3色ラメ幹之 体外光タイプ 

 

 

前回の記事で、3色ラメ幹之と交配するための

 

「体外光」、「ラメ」、「非透明鱗(黄色素が出現する)」の

 

遺伝子の特徴をもったメダカをつくることから

 

取り掛かりましたと書きましたが、

 

一昨年の時点で当庵には

 

その3つの遺伝子の特徴をもったメダカがいなく、

 

最も近い遺伝子の特徴をもったメダカは

 

「体外光」と「ラメ」の遺伝子の特徴をもった

 

黒ラメ幹之 体外光タイプでした。

 

 

 

 

まず黒ラメ幹之 体外光タイプの

 

「体外光」の遺伝子の特徴を強くするために

 

累代・交配を10代以上重ね、オスでも

 

8割方スーパー光が入るまでにしました。

 

 

この時点で、

 

黒ラメ幹之 体外光タイプと3色ラメ幹之を交配し

 

3色ラメ幹之 体外光タイプをつくる系統を

 

つくったり、

 

 

 

 

黒ラメ幹之 体外光タイプと黄幹之 黒タイプを交配して

 

黒ラメ黄幹之 体外光タイプをつくる系統を

 

つくったり、

 

既に複数の系統に分けて進められました。

 

 

その後、黒ラメ黄幹之 体外光タイプと3色ラメ幹之を

 

交配した系統をつくり、またこの系統と

 

3色ラメ幹之と黒ラメ幹之 体外光タイプを交配した系統を

 

交配したりと、多岐にわたって進めていきます。

 

 

 

 

ここで紹介した交配はほんの一部で、他にも

 

さまざまな交配をして進めています。

 

 

このようにして結果の出た系統同士を交配するなど

 

複数の系統を同時進行していくことで、

 

最短で効率良く改良を進めていきます。

 

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080-37050-5320