3色幹之 

 

 

現在の3色幹之です。

 

現在の3色幹之の特徴の一つは質感で

 

透け感・透明感が強いことです。

 

 

 

 

昔ながらの白幹之です。

 

この品種は白幹之と呼ばれていますが

 

実は白色素胞をほとんど持っていません。

 

色素が少なく透け感・透明感が強くて

 

このような表現になっています。

 

 

 

 

青幹之は白幹之に黒色素胞が少し入って

 

青色のように見えていますが

 

白幹之と同様に色素が少なく

 

透け感・透明感が強いです。

 

 

現在の3色幹之の透明感・透け感は

 

白幹之や青幹之にとても近いと思います。

 

 

 

 

白幹之や青幹之は体外光がとても入りやすいですが、

 

黒幹之や柄物で体外光を持つ品種になると

 

体外光が入りにくくなることが多くあります。

 

 

この理由は白幹之や青幹之が以前からあり

 

改良が進んでいるということだけではなく、

 

柄(黄色素胞・黒色素胞・白色素胞)と

 

ラメ・体外光(虹色素胞)の関係に

 

あるのではないかと考えています。

 

 

 

まず体外光の表現はラメ以上に

 

他の色素の影響を受けやすいと思います。

 

 

 

 

黒幹之は体色がより黒くなっていくと

 

表現されていた体外光がだんだんと

 

消えて見えなくなってしまうことがあります。

 

 

 

 

黄幹之 白タイプでは体色の白の濃さにも

 

重点を置いていましたが

 

白が濃くなると体外光がだんだんと

 

見えなくなってしまうことがよくありました。

 

 

 

 

3色ラメ幹之 体外光タイプや

 

オーロラ黄ラメ幹之 体外光タイプなどで

 

Mサイズ位まではしっかり表現されていた体外光が

 

後から出てきた濃い黄色素で見えなくなってしまう

 

ということがよくあります。

 

黄色素が薄いと体外光は消されずに

 

表現されたままの場合もあります。

 

 

 

 

ラメは体外光より他の色素の影響は

 

受けにくいようですが、

 

例えば黒ラメ幹之では

 

体色をより黒くしていくとある時点で

 

ラメが見えなくなってしまうことがあります。

 

 

科学的な裏付けがあるわけではなく

 

当庵の経験からの推測になりますが、

 

柄(黄色素胞・黒色素胞・白色素胞)よりも

 

ラメ・体外光(虹色素胞)の方が下に入るため

 

ラメ・体外光が隠されていると

 

当庵では考えています。

 

 

 

 

 

 

現在の3色幹之は、上記の考えと

 

より多くのみなさんに

 

より高い固定率のきれいなメダカを

 

楽しんでいただきたいという想いから

 

改良が進められました。

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080-3705-5320