「年6世代」 

 

 

年5世代からもう1世代進めるために

 

クリアしなければならない課題は

 

スペースを作るということでした。

 

 

在庫が滞留しがちで

 

種親をセットしたり採卵したくても

 

そのスペースがなく、もう1世代を


進めることができませんでした。

 

 

 

 

その時に安易にスペースを拡張するのではなく

 

定期的な店頭イベントなどで

 

販売効率を向上させ、

 

スペースの回転を速めることで

 

とうとう「年6世代」が実現しました。

 

 

生産技術だけでなく販売技術も向上させて

 

うまく融合させるというような

 

総合力を高めていくことで

 

「年6世代」が実現されました。

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080-3705-5320