黒ラメ黄幹之 

ラメを増やすことは、培ってきたノウハウで

 

クリアする見通しがあるため後回しにして、

 

まず体色をつくることから取りかかりました。

 

 

黄色素を赤くするためのポイントは

 

2つと考えていて、

 

一つは黄色素自体を濃くすること。

 

もう一つは下地の体色で赤く見えやすくすることです。

 

 

一つ目のポイントの黄色素自体を濃くするには、

 

黄色素の濃い個体を種親に使うということでしょう。

 

 

二つ目のポイントの下地の体色については、

 

体色が黒ラメ幹之に近い系統と

 

オーロラ黄ラメ幹之の系統から出る

 

黒っぽい個体とを掛け合わせました。

 

 

体色を黒ラメ幹之に近いところからオーロラ体色に寄せて

 

少し薄くすることで黄色素をできるだけ赤く見せる

 

という狙いです。

 

 

 

 

体色を黒くし過ぎると黄色素が薄く見えてしまうので

 

「黄色素が赤く見えるギリギリの黒さ」

 

というポイントを見つけなければいけません。

 

 

 

 

このポイントを見つけるのにとても苦労していて、

 

オーロラ黄ラメ幹之の系統を入れたり

 

黒ラメ幹之に近い系統を入れたりしながら

 

現在でも試行錯誤を続けています。

 

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080−3705−5320