今年の静楽庵

早いもので今年も3月に入りました。

 

天気の良い日はメダカも水面を泳ぎだし

 

春の訪れを感じるようになりましたね。

 

 

さて、今年に入ってから当庵は

 

おかげさまで毎日忙しくさせていただいております。

 

 

この冬の生産は石油の高騰や

 

加温スペースの拡張などで経費もかさみましたが、

 

今までで一番、手の行き届いた

 

良い生産ができました。

 

 

 

今年に入ってからまず取り組んでいるのが

 

「仕組みづくり」です。

 

静楽庵がこれから発展していくための

 

土台として新しい仕組みをつくって

 

おかなければ健全な発展はできないと判断しました。

 

 

今まで職人的にというか、

 

感覚的にやってきていたところや、

 

スタッフ各々が個人の裁量で

 

やってきていたところを標準化するために

 

可視化・見える化していきました。

 

 

可視化・見える化されたものを

 

スタッフ全員で共有して

 

新たな仕組みをつくり、実践していくことで

 

全体での効率が飛躍的に向上してきているのを

 

肌で感じています。

 

目に見える形でも成果が出始めています。

 

 

これから試行錯誤を重ねながら

 

新しい仕組みを磨き上げていき、

 

静楽庵の発展の土台を

 

創り上げていきたいと思います。

 

 

 

今年は「仕組みづくり」をベースに

 

急成長できそうです。

 

とてもワクワクしています。

 

 

 

 

静楽庵 ヒロハル

080−3705−5320